« ファンキ-モップス 富岡ヤスヤ&鷹野雅史 | トップページ

STAGEA & D-DECK スペシャルライブ

うぉぅ Σ(´Д`lll)もう木曜日ですね・・早いナァ・・・。日曜日にSTAGEA & D-DECK スペシャルライブ に、行ってまいりましたぁ^^

16:30START。
MCのオネーサンと、反対側から出てくるおちゃめなyaSyaさん^^

STAGEには、STAEGAとD-DECKが並べてあり・・・。STAGEAでは、最初の1曲だけ^^; 演奏されましたです。(曲は、Smell Yourselfでした^^)

「普段触ってるエレクトーン®でも、えぇぇぇぇ Σ(´Д`lll)(←こんな感じではないけどw)と言うこともあるかと思います」

と、エレクトーンの使用説明ですw

 >椅子を逆にして使うとのコトもおっしゃってましたが。
   アキレス腱が、当たるのが嫌だそうですが・・。
   てか、自分的には、あの「足置き場」とても必要です^^;
   だって、そんな・・両足使うようなPEDALさばき必要ないからwww

今回は、タッチトーンの説明が。減衰音と持続音での説明。アフター・ホリゾンタルなんかですね。

いやしかし・・^^;

そか、「エレクトーンって持続音が得意だったのか Σ(´Д`lll)」wwwと。ちょ、お勉強してきました^m^ しかし、アフターピッチは・・すんごく難しいと思うんです。つか、自分出来なかった(未だに出来ませんwww)あれで、実はギターのベンドをやってる子どもを見てすげぇ~~~~~~~!!!って思ったくらいです(^^ゞ自分は、足が一応届くのでw2EXPでベンドを掛けるもんで・・。

つづいて、KEYBOARD世界では、一番音の切り替えが早い(レジメ)とか。そして、D-DECKの説明に。

ココから残り35分ほど全てD-DECKでの演奏を聴けました。とっつきやすさか?w「ラッパの~」ですな^m^

いや、でもなんか・・ホンット・・毎回違う(アドリブちゅーんですか?(;´Д`)ワカラナイ)んで頭の中覗いてみたいっすねw

あ!そういえば・・本日STAGEでグラサンじゃなかったですね(;・∀・)びっくり・・多分セッションとかコラボとかしない時でグラサンして無いyaSyaさんってお初の体験だったかと思いますわ(^人^)得した?www

前にお座りのおじ様が・・(orz 微妙ぉ~にお邪魔でして・・^^; (yaSyaさんが)立ち上がられても見えない!見たいなw

弾き終えると、D-DECKの紹介でしたが^m^ エレクトーン®と違ってとっても軽いとw(鍵盤部分だけでも30キロ違いますからねェwww)

「東京だと、丸の内線に大体1車両に一人くらい抱えてる人がいますよね^^」

・・・・・

いません(-∀ー#)

(爆)ですよねぇ・・www

ハナシが進みますと・・エレクトーン®とは、ちょっと違って、D-DECKの鍵盤は下鍵盤が1オクターブ多いと。エレクトーン®の人は、すぐに出来てしまうのですが?( ・ω・)

「キーボード・シンセサイザーの人がエレクトーン®にきた時にお作法が良く分からないんです」

ヾ(≧▽≦)・・・すいません・・。お作法とか言うので大ウケしてしまいましたwww
良く分からない楽器ではなく、分かりやすい楽器にしようとそうなったそうです。通常キーボードというと、2段に重ねて下がMasterらしいですね^^;(つか、逆にエレクトーン®の人間に分類される自分的には、キーボード・シンセサイザーのお作法が分かってませんww)Masterに、よく使う音色をセットするんだそうですが、ほへぇぇ~と聞いてしまいました^^;

後は、自前のダンパーを持ち込んでの御説明(てかエレクトーン®なら「ニーレバー」があるんで・・音の切り分け・・まぁいいか。そういう話じゃないw)上の鍵盤には、色つけの音色をセットして使うんだとか・・・(だ、エレクトーン®人間なので余り・・w)
そうだ!D-DECKのオルガン・・・なんですって? 0),,゚Д゚)

「Customよりも、いいものが入っている」

 Σ(´Д`lll)eeeeeeeeeee

衝撃だった・・なんか悔しいwww
レジメの説明も^^ いっせいに、音色がチェンジすると。いや、しかし。エレクトーン®の場合、1人でオーケストラ(←いつのコピーだw)って概念もあるように、「右手でメロディーをだいたいとる」とのコト。が、バンドの場合そうじゃないのでD-DECK専用のレジメも用意されてるとか(これは、悔しくは無いw)

弾き語り用の・・・とココでGeorgia on my mind だったかな?^^;演奏されてました@引き語り♪
リズム(Style)入れて・・・さらに上にSTRINGS(だと思われますw)を持ってきて・・・
つか、すげぇなぁ・・相変わらず(--;)ピアノの弾き語りには、ない装飾が出来る♪と。

そして、リアルタイム演奏ですね。
AnandaからTrafficJamの模様w
まずわ♪お客様に例のごとくw鍵盤を叩いていただき・・・それにあわせて~はじめましょう~(^-^)/みたいな。

ちょ・・はじめの音リズム入れたら消えませんでした?w それにしても・・なんか良くわからないです・・TrafficJam wwwやっぱり、違うもんは違うんだよナァ(orz CDとデータと・・。あ!やっぱりそうだ・・実際に弾いてるのもデータと同じでCDだけが違うんだ!!!

発見しました(^^ゞ ⇒つか、御本人曰く「同じ」とのコトですが

絶対に、違います( ̄^ ̄)

ってコトでwリズムをとめて例の、ココにだけしか入ってない音があるの説明が(;´Д`)ちぃ・・・知ってるもん・・不思議に思ったら、全然不思議な音じゃなかったぁ。゜(゚´Д`゚)゜。んだもん~~~ww

ノーシーケンス(PROGRAMなし)で弾いてるので、説明中弾かなくてもおkですし、どこでも御説明なさるのが、微妙にすごいなと(^^ゞギターがすげぇなぁ・・・とか。譜とは全く違いますものね・・いつもいつも

弾き終わりますと、リアルタイムもPROGRAMも両方可能なエレクトーン®がSTAGEAさらに持ち運びできるのがD-DECKと・・・。

いや、ちょ、待ってくれ(;´Д`)

確か・・STAGEA出た時に・・

音と出かけよう・・・

みたいなコピー・・・

やめておこうwwww次は、データとセッションっすね。Desperadoでした。(Bluesharp)

でもなぁ・・なんか・・自分的に。全くカンケーないですが^^;エレクトーン®だから・・やってるってところがあるんですよねぇ・・「一人で出来る」から・・というwこういうセッションは、全然おkなんですけどね・・こうバンドみたいなのって・・自分は考えないので(つか、出来ないw)なんだか微妙ですw楽しみ方としては、やらないだろうなぁと@セッション(アンサンブル)

ここから、Ananda全開っすよねw

絶対キャベツ。これは、EFFECT操作をリアルタイムで・・・って無理っすよ(;´Д`)ふつーやらないですwこれは、完全に「聞くもの」です@自分www

そのまま、最後の曲です(ノД`)

J'sVibration。

ちょっと・・・初耳だったのですが・・・・「簡単に言ってしまうと●●戦争に反対してのメッセージの曲です」ってコトだったんですよ・・そうなんだ・・・・。

なるほど、だから掛け声でいいのかな?^^; あれが、'Nowar'だったんだと・・。こういうことが聞けると、歌詞の意味もなんとなく・・掴めるかと。

CDでのTEDDYちゃまのラップ(でいいのか?(;´Д`))が、女性の声になってた・・。でも、データにしてピッチ変えたらそうなるのか?とか思ったりもw

しっかし・・メロディがいつも違うのね・・すごいな・・ホンット。

そして、45分のminiLiveは終了したのでしたぁ(^人^)

むぅ・・・Anandaか?やっぱり・・・つか、弾けないもんさヽ(´A`)ノちぇ!www

|

« ファンキ-モップス 富岡ヤスヤ&鷹野雅史 | トップページ

3.yaSya Live Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAGEA & D-DECK スペシャルライブ:

« ファンキ-モップス 富岡ヤスヤ&鷹野雅史 | トップページ